チャート分析 テクニカル分析

チャート分析 テクニカル分析

テクニカル分析とは、過去の相場の推移に見られる一定の「パターン」から導きだされる、いくつかの「法則」から今後の行方を占うものです。

 

為替相場はトレンドが出やすく、長期間続く傾向があります。テクニカル分析とは、過去の相場の値動きや時間をグラフ(チャート)にして、そのグラフを基に将来の値動きを予測する分析技法のことです。移動平均線、一目均衡表、ストキャスティクス、MACD、RSI、ポリンジャーバンドなどがあります。

関連ページ

チャート分析 ファンダメンタルズ分析
FX取引をするために欠かせないのが各国の経済状況や関連データの分析結果、将来の予測などによって各通貨ペアの行方をうらなう「ファンダメンタルズ分析」です。これが取引の明暗を分けるといっても過言ではありません。
どの経済指標をチェックすべきか
チェックすべき最重要な経済指数は3つあります。「GDP成長率」「インフレ率」「アメリカの雇用統計」です。金利の高い通貨が買われるか否かは、その金利が引き上げられるか、引き下げられる方向にあるかが重要となってきます。
アメリカの影響力
もともと為替は、主に景気動向や地政学的リスク、原油価格、金利差などを材料にして動くといわれています。しかし、変動の直接の要因になっているのは、アメリカの通貨政策による場合が多いです。アメリカのGDP(国内総生産)は世界全体の4分の1を占める為、世界経済に与える影響はとても大きいのです。
各国要人の発言に注意
各国要人の発言は、ときに相場に影響を及ぼします。ここでいう「要人」とは、各国中央銀行のトップや金融政策当局の代表者などのこと。