FXのリスク

FXのリスク

FXを取り巻くリスクは様々あります。「為替変動リスク」「カントリーリスク」「流動性リスク」「信用リスク」「システムリスク」などがあります。FXをするにあたっては、リスクを理解し事前回避の方法を考えておくことは最も重要です。

 

「為替変動リスク」とは、為替相場の変動が損益に大きく影響します。相場が予想に反して動いた場合には為替差損を被ることになります。

 

「カントリーリスク」とは、取引している外貨を発行している国や地域が戦争やテロに巻き込まれたり、政治や社会情勢が急激に変化したりした場合、相場が大きく揺さぶられる可能性があります。通貨を分散したり、新聞等、こまめに目を通したりして情勢をつかんでおきましょう。

 

「流動性リスク」とは、取引量が少ないマイナー通貨の場合、ちょっとしたトラブルがもとでなかなか取引が成立しないケースがあります。できるだけ取引量の多い通貨を選ぶべきでしょう。

 

「信用リスク」とは取引していたFX業者が倒産するといったものです。

 

「システムリスク」とはシステムによるトラブルがあります。

関連ページ

損失拡大を防ぐマージンコールとロスカット
ほぼ全てのFX業者が、損失を避ける為のしくみとして「マージンコール(追証)」と「ロスカット(強制決済)」を導入しています。