円高と円安を理解しよう

円高と円安を理解しよう

1ドル80円が100円になったとしましょう⇒これは円安か、円高でしょうか?
答えは、円安です。

 

この場合、円の価値が下がるので円安となります。
具体的には、
1ドル:80円の場合、10,000円で何ドル買えるでしょうか。
⇒10,000÷80=で125ドル買えます

 

1ドル:100円の場合、10,000円で何ドル買えるでしょうか。
⇒10,000÷100=で100ドル買えます。

 

つまり、1ドル80円の場合と比べ買えるドルが少なくなっています。
円の価値が小さくなっているということなので円安と考えます。

 

円高=外貨に対して「円の価値が上がること」、円安=外貨に対して「円の価値が下がること」となります。

関連ページ

FXが注目される理由
FXが注目される理由は、このような世界市場でも利益が出せるからです。24時間取引可能で、小額から始められ、ルールも株より簡単。パソコン一台あれば、どこでも取引できるので、学生、主婦からサラリーマンまであらゆる層に人気があります。
外国為替って?
外国為替とは、異なる2国間の通過を交換すること。海外旅行のとき、日本円を現地で両替することになりますが、これも一種の外国為替です。その交換比率が、為替レートです。外国為替取引を行うところが外国為替市場です。
FXとは
FXとは、「外国為替保証金取引」のことです。「外国為替保証金取引(FX)」とは、どんな取引かというと、ズバリ「お金を買ってお金を売る」これがFXなのです。
スプレッド(手数料)とは
FXには売買手数料のほかにも「スプレッド」という手数料がかかります。スプレッドとは買値と売値の差額のことです。この買値・売値はFX業者側から見たもので各社が各自に設定し両者の差額がそのままFX業者の利益となります。
2wayプライスとは
FX取引を始めると「ドル/円」というような表示を見ます。これは売りと買いの通貨の組み合わせ「通貨ペア」を表しています。為替レートは「2wayプライス」と言って、外貨の売値と買値が同時に表示されています。